ヘルス&ビューティー

夏肌

(3) 過剰皮脂対策

過剰皮脂が招く肌トラブルを防ぐには

メイクくずれ、テカリ、ベタつき、ニキビ・・・ 。気温、湿度の高い夏は、過剰な皮脂の分泌による肌の悩みが多くなる季節。皮脂について知り、効果的な皮脂対策をはじめましょう。

過剰皮脂とは?

皮脂は毛穴に開口している皮脂腺から分泌される脂です。毛穴から出てきた皮脂は汗腺からの汗と混ざり合い、肌表面に薄い膜状の皮脂膜を作ります。皮脂膜はおもに角質層から水分が蒸発するのを防いだり、角質層のpHを弱酸性に保ち、細菌の繁殖を防ぐ働きがあります。
肌の健康を保つためになくてはならない皮脂ですが、問題は皮脂の分泌が多すぎる「過剰皮脂」。これが肌トラブルの原因になるのです。過剰皮脂とは、肌質がオイリー肌の人だけでなく、季節や体調によって皮脂分泌が多くなり過ぎている状態もいいます。夏はとくにこの皮脂の分泌が盛んになります。

女性のカラダと皮脂分泌の関係

女性の場合、皮脂の分泌は男性ホルモンの分泌がピークとなる思春期から20代が最も盛んになります。皮脂腺の活動は男性ホルモンによって活発になるので、この時期はニキビが最も多くできます。その後40代から皮脂の分泌は徐々に少なくなっていきます。
また、女性は排卵日から生理までの黄体期に皮脂量が多くなりますが、これはこの期間に男性ホルモンに似た黄体ホルモンが分泌されるからで、生理前にニキビができやすくなるのはこのためです。

過剰皮脂が引き起こすニキビ

過剰皮脂が招く最大のトラブルはニキビです。毛穴につまった皮脂にアクネ菌という細菌が繁殖して炎症を起こし、赤く腫れたり膿んだり、また、脂とファンデーションが毛穴をふさいでしまい、外に出られなくなった皮脂が毛穴の奥で固まってもニキビになります。その他にも、皮脂と老化角質が混ざって固まり、毛穴がブツブツと目立つ「角栓」や、毛穴にたまった皮脂が酸化したり、埃や垢などの汚れによって黒ずんで見える「ブラックヘッド(黒ニキビ)」なども過剰皮脂が引き起こすものです。

食べ物で過剰皮脂対策

ビタミンB2、B6の不足すると肌の代謝が鈍くなります。皮脂の分泌量が狂い、皮脂過剰になりやすくなります。

ビタミンB2、B6を摂る
ビタミンB2:レバー、うなぎ、納豆、ししゃも、小松菜、きのこ
ビタミンB6:レバー、さんま、大豆、バナナ
お酒や甘いもの、油モノは控えめに
お酒や甘いもはビタミンB2・B6を消費しやすくします。また、脂肪分を摂りすぎると脂の分泌が活発になります。お酒や甘いもの、脂肪分の多い油モノやナッツ類など摂り過ぎに注意!
化粧品で過剰皮脂対策
夏用化粧品
汗に強い夏用コスメを使えばメイクは崩れにくくなります。ベース、ファンデーションは皮脂を押さえると同時にUV効果や美白効果があるものも多いので夏肌対策としても一石二鳥!
収れん化粧水
毛穴を引き締め、毛穴を縮める効果のある収れん化粧水でパッティングをするのも効果的。Tゾーンなど皮脂が多い部分は特に念入りに。
スキンケア
肌に溜まった角質や毛穴の汚れを洗い流す効果のある石鹸やパックを使えばニキビも予防できます。

1 2 3 4
toTop