いざという時に役立つ知恵

我が家の地震対策 【1】防災会議で共通認識

大規模地震を経験し、みなさんの防災意識も高まっていることでしょう。でも、本当に備えは万全と言えますか?家族みんなで、もう一度防災について確認し、しっかりと対策を整えておきましょう。

★防災会議を開こう:大切なのは共通意識 家族みんなで防災会議を開こう

災害時、家族みんなが安全に避難するために、事前に下記のことを話し合っておきましょう。いざという時に慌てないためにも、家族全員で避難情報等を共有することが重要です。

● 防災会議で話し合いたいことリスト
      • 市区町村で決められた避難場所や集合場所への安全な道順について
      • 家内外や近隣の危険箇所について
      • 家族の安否確認の連絡方法について
      • 災害用伝言板を利用した連絡法について
      • SNS(Twitter、Facebook、mixi等)を利用した連絡法について
      • バラバラになった時、家族をつなぐ連絡帳 いざメモを作ろう!
● 避難場所・集合場所はどこ?安全な道順は?
      • 自宅から避難する際の避難場所やその道順、それぞれの役割
        家族全員が自宅にいる時に災害が起こった場合、どのような経路で市区町村で定められた避難場所に避難するか確認を(避難場所は自治体HPで確認)。休日などを利用して、家族みんなで避難場所や集合場所を下見してもいいですね。
        またせっかく作った非常持出し袋の場所を家族全員で把握できていなかったという話もよく聞きます。どこにあるか必ず皆で確認し、誰がそれを持ち出すかなど役割も決めておきましょう。
      • 職場や学校から非難する際の避難場所やその道順:
        1日のうち、自宅で家族と過ごす時間は1/3の程度と言われています。それ以外の時間は別々に被災することになるので、職場や学校にいた時の避難場所や連絡方法は必ず確認しておきましょう。その際、市区町村で決められた避難場所以外に、家族だけですぐに集まることができる集合場所を(例.実家や高台など)決めておいてもいいでしょう。
● 家のどこが危ない?近隣の危険場所は?
      • 家内外の危険箇所を確認  :家の内外をチェックして、危険箇所を確認しましょう。そのままでは危ない場合は、すぐに修理・補強を。また、家の中のどの場所に避難すると比較的安全かなども確認しておきましょう。お子さんが一人の時などにも、家で身を守るために必要なことです。
      • 近隣の危険な場所を確認:河川の氾濫や土砂災害の危険性、その他二次被害が予測される場所をチェックし、災害時にはその場所に近づかないよう確認しておきましょう。
● 危険な場所はココでチェック!

国土交通省が公開している“ハザードマップ”を知っていますか?
実際に災害が起こった時の危険な地域や被害状況の予測などを、地図上に示したものです。事前に家族みんなで確認しておきましょう。

国土交通省ハザードマップポータルサイト
https://disaportal.gsi.go.jp/
● どうする?安否確認
      • 遠くの親戚・知人を中継地に:家族の安否確認を行なうには、電話がつながりやすい、被災地から遠くの親戚や知人宅を連絡中継地に決めておくといいでしょう。
      • 災害用伝言版:「局番なし171番」のNTT災害用伝言ダイヤルやその他携帯会社の災害用伝言板を利用しましょう。家族全員でこのサービスの使い方を確認し、連絡先の登録などあらかじめ設定しておくことが大切です。また、iPhoneの場合は災害用伝言板アプリ(無料)を事前にダウンロードしておきましょう。

《災害用伝言ダイヤルの使用方法》

NTT災害用伝言ダイヤル

災害用伝言ダイヤルの使用方法:NTT docomo

携帯から登録:i-menuトップ⇒災害用伝言板
スマホから登録:dメニュー⇒災害用伝言板
安否情報の確認:http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi

 

災害用伝言ダイヤルの使用方法:au

携帯から登録:auポータル⇒災害用伝言板
スマホから登録:auポータル⇒災害用伝言板
安否情報の確認:http://dengon.ezweb.ne.jp/
災害用伝言ダイヤルの使用方法:softbank

携帯から登録:Yahoo!ケータイ⇒災害用伝言板
スマホから登録:Yahoo!トップ⇒MySoftbank⇒災害用伝言板
安否情報の確認:http://dengon.softbank.ne.jp/
        • SNSを利用する:FacebookやTwitterなど、リアルタイムで発信できるツールを利用するもの一つの手段。その場合は、お互いのアカウントを確認したり、新規に設定しておく必要があります。
● バラバラになった時、家族をつなぐ連絡帳 いざメモを作ろう!
        • 家族全員がいつでも携帯しておきたい連絡先・必要事項一覧を作りましょう。事前に記入し、財布やカバンに入れ、常に持ち歩くといざというとき助かります。ただし個人情報が多く含まれるので、紛失することがないよう管理には十分気をつけましょう。
家族をつなぐ連絡帳 いざメモを作ろう!
  • 連絡帳・いざメモのダウンロードはここから ≫≫