仕事

いじめにあっている後輩の助けになってあげたいが

テレフォンアポインターの仕事をしています。
 私の隣りの席で仕事をしている2歳下の子なんですが、前々から先輩の女性のいじめにあっているようなんです。仕事中はほとんど私語がないし、何となく雰囲気でそうかな~と思っていたんですが、お手洗いで泣いている彼女を見て、確信してしまいました。思い切って聞いてみると、予感的中! でも彼女は私に迷惑がかるから、と言ってあまり話してくれませんでした。
 確かに、小学校のいじめじゃないけれど、巻き込まれそうで怖い(役場の女性のいじめのニュースを思い出してしまう…)でも、見て見ぬふりは…。何とか彼女の助けになれないかとも思う。
 どうすればいいんでしょうか?


影でAさんの勇気を奮い立たせて上げること

このご質問だけでは状況がよくつかめないので、的確なアドバイスになるか分かりませんが、一般論でお応えします。全く腹立たしいのですが、いじめは 相も変わらず子供から大人の社会に至るまで後を絶たないようですね。さて、このいじめられている女性Aさんとして、Aさんはあなたから見てどんな人なので しょうか。公平に見ていじめられる原因があると思いますか?例えば一般的に人から嫌われるような態度、不潔感、体臭や口臭といったような問題です。もしそ ういうことが原因であるなら、その原因を取り除かなければ解決にはなりません。これはあなたがAさんにアドバイスしてあげるべき内容です。

 もし原因がAさんにあるとは思えない場合、その原因はいじめている人Bさんの問題ということになります。実際にいじめの問題は実に根が深く、簡単には解 決出来ない場合が多いのです。特にBさんが チャイルド アビュース シンドロームChild Abuse Syndrome(幼児虐待症候群)の犠牲者としての体験を持っていると、それは簡単には直りません。幼児期に自分が虐待された体験を持っている人はそれ がトラウマとなり、自分がされたことを人にしてしまうと言われています。これは精神疾患で立派な病気なのです。自分より弱い者を見つけて、ターゲットを変 えていくのです。

 実際にBさんがどのような人かは分かりませんが、あなたやAさんの力でBさんを変えることは不可能だと思った方が良いかもしれません。しかし他人は変えることが出来なくても自分は変えることはできます。

 たとえAさんに問題がなかったとしても、全く責任がないわけではありません。要するに弱いということ。「もっとしっかりせい!」ということです。いやな ものはいやとはっきり言う。公然と反論するかあるいは全く無視するという毅然とした態度が必要です。社会人として、少なくとも降り掛かった火の粉は自分で 払うのです。強い所を見せる。「窮鼠猫をかむ」でも良いし、「ハリネズミ戦法」でも良いのです。ハリネズミは敵から身を守る時にはじっとしてはいますが、 体中に針を立てて、誰も近づけないようにしています。そうなると百獣の王ライオンといえども手出しは出来ないのです。とにかく自分を攻撃してくる相手に対 しては断固たる態度を見せること。問題の本質が弱いものいじめである限り、Aさん自身が弱者から脱却しなければ、問題は解決しません。

 このご相談者のあなたが出来るのは、Aさんに強くなること、自分の考えをきっぱり表現する勇気を持つことをアドバイスすることです。たとえあなたがBさ んに直談判しても、一時的な解決にはなったとしても、あまり有効だとは思えません。そして公の場では常にニュートラルな立場で2人に接することです。もし 現実にあなたの目の前でいじめが目撃されるような場面があったら、その時は機を逃さず、公平な意見を言って下さい。いじめは怖がっていたのではいつまでも 解決しないのです。あなた自身も、もっと自信をもって自分の信念を貫くこと。 がんばれ!

toTop