仕事

仕事も結婚も

結婚はしてないないのですが、一緒に住んでいる彼がいます。お互い働いていて、二人の帰りが、午後10時を過ぎてしまうこともたびたびです。彼は、家事に協力的で私が忙しいときや疲れているときは、洗濯やごみ捨てなど積極的にやってくれます。
 しかし、問題なのは彼の両親です。特に彼のお母さんは、男の人が台所に立ったり、洗濯をするなんてとんでもないという考えがあり、そういうことをさせているなんて信じられないと言われました。結婚の話も出ていたのですが、私が仕事をやめるか、定時に帰ってこれる仕事に転職しないかぎり反対だといわれました。でも私は、一緒に住んでいるパートナーが家事を協力し合うのはあたりまえのことだと感じています。それに仕事は絶対続けていきたいし、今の職場も気に入っているので、辞める気は毛頭ありません。でもそろそろ結婚はしたいなと思っています。両方手に入れようとするのはわがままなのでしょうか?


 重要なのは”生き方”?それとも、彼?

問題は、彼はあなたにどうして欲しいと思っているか、です。 彼があなたの生き方を尊重して、あなたの考えを受け入れるつもりなら、時間をかけてでも、両親を説得するのは彼の役目です。あやふやにしないで、彼自身がきちんと両親に自分の考えを(あなたの考えではなく)話し、もし万が一、賛成してくれなくても、自分たちの意志は固いということを示すことですね。

  最近は夫婦で働き、家事も分担している夫婦は、珍しくなくなりました。息子を育ててきた母親には、昔ながらの考えでなかなか理解しにくいことも分かります。そんな母親の気持ちを理解した上で、時間をかけて少しずつ分かってもらうしかないでしょうね。 母親にとって最終的には、息子があなたと一緒にいることで幸せになれば良いのですから。

  逆に彼が、本心はあなたに家庭に入って欲しいと思っている場合、あなたは仕事を変えるなり辞めるなりする事ができますか?これはただ仕事の問題ということではなく、あなたの生き方を変えるという問題です。実際にそうなるかどうかは別にして、あなたにとってそれほどの覚悟を持てる相手かどうか、を見極めることですね。もし、それほどではないのなら、仕事をお取りなさい。あなた流に生きて、それを受け入れてくれる人を見つけることね。

  あなたにとって重要なのは”生き方”?それとも、彼? 自分にとって大切だと思うものを選択することです。両方取りたければ、そうなるように努力することですね。そして選択した以上はそれに対して決して不満を言ったり、後悔をしたりしないという覚悟を持つこと。「ああすればよかった」「やっぱり止めとけばよかった」「あの人のためにこうなった」なんて後ろ向きの人生観だけは持ち合わせないでね。人は自分の選んだ一つの道しか進めないし、人生に責任を持つのは自分しかいないのです。私の友人の妹さんで、めちゃくちゃ積極的で、めちゃめちゃポジティブな人がいます。たとえ冤罪で刑務所に入っても、そこで楽しみを見つけるだろうね、という人です。

  自分にとって何が一番大切なのか、それを見失わないようにしていれば、道は拓けていくし、後悔もしなくてすむと思います。波風を立てなければ平和、その代わり得るものも少ないかもしれない。波風を立てれば、それだけ大変になるのは当たり前、でも結果、得られるものが大きければ、それはそれでその人にとっては良い人生なんじゃないかな。
  結論を怖がらずに、彼と、とことん話し合ってみることですね。

toTop