仕事

郵便番号は何のため?

郵便番号が7桁になってから、大企業や役所などの大口事業所は独自の郵便番号を持つ所も多いです。理屈から考えれば、そういった所へ郵便を出す場合は、郵便番号を書けばそれだけでその事業所へ届くわけですから、わざわざ宛先住所を書かなくても、あとは宛名をきちんと書けばよいはずです。
 しかし、上司は「それでは失礼にあたる。届くかもしれないが、住所を省略して出すわけにはいかない」と言うのです。私にはそれが失礼だとは思えません。失礼ならば、何のための個別郵便番号なのでしょうか。郵便局の効率のためだけですか? 本当に失礼なのでしょうか。7桁は始まったばかりなので、マナーというものはまだないかもしれませんが、この観点から回答をお願いいたします。


 企業としてのマナー

マナーって何なんでしょうね。社会の中にはいろいろな人がいて、育った環境も、年齢も、経験も、考え方も、全てが違う人たちが、お互いになるべく波風を立てずに、気持ちよく共存するための道具のようなものでしょうか。

 そうね、これは上司に軍配。いくら個別の郵便番号があっても、相手の住所を記名しないのはやはり失礼でしょうね。大口事業所が独自の郵便番号を持っているのは、それだけ郵便の量が多いということで、それはあくまでも郵便局の業務を円滑にして、一刻も早く私達の手元に配達するためのもので、なにも郵便を出す人の手を省くためにしていることではないということ。もちろん仕事を簡素化したり、効率よくすることは良いことですが、観点をそこだけに絞ってしまうのはどうでしょうか。

 宛名書きや文書の書き方にはかなり細かいルールがあることはご存知ですか? 例えば相手の社名の株式会社を(株)と省略するのもルール違反、切手を貼る位置、肩書きは氏名のどこの位置に書くかなど、細かなことが沢山あります。”こんなことどうでもいいじゃないか”って思うのは勝手ですが、問題は相手がそうは思わないということ。ましてや企業同士であれば、それはあなた個人のマナーではなく、企業としてのマナーになってしまうのです。

toTop