仕事

社会保険、有給休暇のない私

契約社員で有給休暇がなく社会保険にも加入できません。以前の相談のアドバイスで「有休は労働基準法に基づいて正当に取れる権利です。これについては断固会社に請求すべし。勤続15年の場合で8割以上の勤務があれば、たとえ契約社員であっても年間20日は取れます」とのことでしたので、相談いたします。
 私は半年契約で始めて、初めの半年分のみ契約書を作成し、以降その都度更新するという話でしたが、契約書も作らないまま5年になります。会社の休日以外、年に2~3日程度しか休んでいません。休日出勤もしています。(別途手当てあり)
 契約社員の方が、年収もよく勤務時間も少ないので(5年前は勤務時間が9時から5時だったのですが、今は5時半までに変わっても、契約があるので5時までとなっています。ただし5時以降も無給の時間外労働をすることが多々あります)このことは好都合ですが、雇用保険以外いっさい、社会保険も有給もありません。5年前の契約書に『有給は認めない』と明記されていますが、それは労働基準法上合法でしょうか。
 会社の方針で、人件費を安く抑えたいという理由から業績は認めても正社員にはできないということを言われていますが、社会保険と有給さえ認めてもらえれば正社員にはこだわりません。逆に、正社員になればそれらを認めてくれても、年収が一般の女性正社員並の半分くらいになるのはいやなのです。
 会社とうまく交渉する方法はありませんか。法律を盾にとって経営者や人事担当者と気まずくなってまで、交渉するつもりはありませんが、ある程度話し合いたいのですが。


 権利意識だけを持つのではなく、成果を出す

5年間も有給休暇無しで、働いてきたなんて偉い! 文句も言わず頑張ってきたんですね。きっと会社もそれに甘えてきたんでしょう。

 さて、有給休暇は契約社員であろうとパートであろうと、その雇用形態とは関係なく取得できるもので、関係するのはあくまでも、年間の勤務日数と勤続年数なんですね。そもそも契約書に「有給休暇はなし」なんて書いてあること自体が違法なのです。その契約は無効。それから社会保険に関しても、その人が2ヶ月以上勤務して、その間のひと月の就業が他の正社員の4分の3以上、かつ1日の就業時間も4分の3以上であれば、会社はその人を社会保険(厚生年金と健康保険)に加入させなければなりません。つまりあなたは有給休暇も社会保険も取得できるということなのですね。

 さて問題は、どうやって、ことを荒立てずに交渉するかということなのですが、では会社はなぜ、こんな無謀なことを始めちゃったのかな、と考えてみる?あなたと同じような仕事をしている人の給料はあなたよりずっと安いということですが、それは会社があなた の実力と能力を認めたから?それとも、もしかすると、社会保険や有給休暇のない分を考慮して設定してしまったのでは?勿論そのこと自体が問題で、給与額の設定をする時に社 会保険や有給休暇を交換条件にする事は出来ません。でもお話の様子ですと、この会社はたぶん法的なことを深く考えずに、単純に決めてしまったのではないでしょうか。こんなこと意図してやったとは思えないもの。

 会社もあなたも認識しておかなければならないことは、給料額の設定と有給休暇、社会保険は全く別の問題であるということです。社会保険に関しては、さかのぼって加入する事も考えなければなりません。詳しい事は社会保険事務所に相談されると良いと思います。また有給休暇は所定の勤務日数を満たしていれば5年勤続で18日は取得できることになります。ただ契約内容がわからないので明確には言えませんが、今期は今の給料をカットする事は出来ませんが、次年度会社が契約更新の際に正当な理由があれば(あなたの業務上の理由など)、給料のカットを言ってくることはありえます。

 そうさせないためには、あなた自身が、会社にとって高給を出すだけの価値のある存在になること。実際問題として会社の負担額は相当多くなりますから、他の人と同じ働きでは会社は意味がないと思うでしょうね。あなた自身の会社に対する貢献度が他の人との比較も含めて正当な評価値であるかどうかをチェックすると良いですね。

 権利という言葉はあまり好きではありませんが、会社は社員に対して当然の社会の決め事を守り、また社員の側は権利意識だけを持つのではなく、会社の求めている成果を出す。そして双方が、当たり前のことを当たり前にやる風土になると良いですね。

toTop