仕事

手際よく仕事をこなしたい、けれど…

 私は某スーパーで品出ししたり発注したりしていますが、私はせっせと働いてるつもりでも、周りから見たら遅い、と見られてしまいます。ほんとは私も早く出来るようになりたい。でも限界ってあるし、どうやったら、ちゃっちゃと出来るようになるか、こつを教えてください。


まず原因を分析してみて

 かわいそうに。ちゃちゃっとできない人に、ちゃっちゃとやれと言うのは無理があるよね。実は大きな声じゃ言えないんだけど我社にもゆっくりさんがいたの。とにかく何をしても人の数倍かかる。でも彼女の素晴らしかったことは、それを自覚していること、そう、あなたもね。会社で終わらない仕事は家に持って帰ったり、早めに出勤したりしてカバーしていたこと。仕事に求められるのは常に効率と質。結局、彼女は自分の時間を使ってカバーしていたけれど、あなたの場合は自宅で出来る仕事じゃないものね。

 さて原因は3つかしら?
(1)     今まで動作を早くした経験がない。いつもあなたのペースに周囲があわせていたので、特に困った経験がない。なんとかなってきた。
(2)     丁寧過ぎる。もしかすると”適当”ってことが出来ないのでは?”いいかげん”ってこと。この”いいかげん”っていうのは”程よい”という意味。本当に丁寧にやるべきことと、そうでないことの区別が分かっていない。
(3)     仕事の優先順位が分かっていない。与えられた仕事の中で何を先に処理するべきかの判断が甘い。

 もし(1)と(2)なら まずストップウォッチを購入する。そしてあなたの仕事の時間を計るの。例えば品だしを開始する時に、ストップウォッチを押します。一時間経ったら鳴るようにセット。鳴った時点で処理した仕事の分量を計ります。計ったらノートに記入、次にまた1時間セット。鳴ったら分量を計る。ノートに記入。2~3回これを繰り返すと、その業務に於けるあなたの平均業務処理の分量が判明します。そうしたら、次回からその業務をする時にその平均より5%多めの目標設定をします。そして少しずつ目標設定の数値を上げていきます。これは発注業務でも同じ。どのくらいの発注処理が何時間で終わったかという切り口でも良いし、とにかく自分の仕事を数値化するの。人間って目標設定があると、それも数値で進歩が見えるととても動きやすいものです。自分で自分と競争するの。けっこう楽しいと思う。

 そして(3)なら、毎朝、仕事に入る前に自分の仕事の計画をたてる。仕事の優先順位を決めます。緊急度、重要度の高いもの、時間制限のあるもの、と順に何をするのか、明確にすること。それに必要なおおよその時間も書き入れて、スケジュール表を作ります。頭の中で漠然と思っていないで、書くことによって物事が整理され、それが行動にも反映されていくものです。

Try Try !

toTop