仕事

気の短い社長と仕事をするのがつらい

カルチャースクールの受付事務をしています。生徒さんのいない時間は社長(兼教師)と私の二人きりです。私の相談は、 気の短い社長と仕事をするのがつらい、という事です。例えば朝、「ゴミ早く出さないと収集きちゃうから!」から始まり、ごみを出し終えると「じゃあ床掃除 して!」、床掃除を始めると「次テーブル拭いて!」、テーブルを拭いていると「トイレもお願いね!」「外はき掃除おわった!?」「早くレジの用意しないと すぐ時間きちゃうよ!」などなど…。

 社長の口癖は「もう時間ないから!早くして!」なのです。どんなに早めに出勤しても、いちいちせかされるのです。笑い話というか大した悩みではないと思 われるでしょうが、毎日毎日わかりきった仕事内容を、掃除作業のひとつひとつ、それだけに限らず伝票の書き方や接客の仕方、レジの打ち方…すべてを細かく 指示されるのです。仕事は速く正確にしているつもりです。

 入社当初、1週間位は仕事手順わからない私に対しての親切で、丁寧な指導なんだと思っていたのですが半年経ってもその状況は変わらず。社長に悪意はないのでしょうが、私もどちらかというと短気な性格で毎日とてもイライラしています。

 社長はその事以外は良い人で仕事内容にも不満はないので辞めたくありません。ただ社長に「いちいち言わなくてもわかってます」とも言えませんし、他にもっとやわらかく遠回しな言い方も思いつきません。もし言えたとしても社長は変わらないと思うのです。

 ですから私の受け取り方を変えるしかないと思うのですが、なにかよい慣れる方法あれば、おしえてください。他の方に比べて小さな悩みですが、よろしくお願いします。


 

あなたの仕事に対する考え方を変えてみる

あなた自身も分かっているように社長はそう簡単には変えられない。この場合、やはり あなたが慣れるしかないのですが、あなたの仕事に対する考え方を変えてみるのはいかが?

 あなたの仕事は、ゴミを出したり、トイレの掃除をしたり、テーブルを拭いたり、レジを打ったりすることではない。あなたの仕事は”社長の指示に従うこ と”つまり社長の言うことを聞いてあげること。この社長は”指示を出すこと”が自分の仕事だと思っている。部下が自分の指示通りに動くことで、仕事をして いる気になっているタイプですから、先にやられたのでは楽しくないんだな。世の中にたくさん”指示待ち族”はいるけれど、社長は”指示出し族”のようです ね。指示待ち族でないあなたには大変苦痛なことだとお察ししますが、それが今の環境でのあなたの仕事なんだと、発想の転換をすることですね。

 指図することがこの社長の生きがい。いかがですか、社長の生きがいを取り上げないでいられそう?

toTop