ヘルス&ビューティー

テクノストレス眼症

 

VDTを使った長時間の作業によって起こる、目の疲れや肩こり、吐き気などの病気の総称をテクノスト レス眼症状、またはVDT症候群といいます。VDTとはコンピューターやテレビゲームなど、画面を表示する機器のこと。インターネットやパソコンの普及に 伴い、症状をうったえる人も増えつつあります。

どんな症状が起こるの?

テクノストレス眼症の症状は、疲れによる充血やかすみ目、視力低下などの目に関する不調がほとんど。長時間同じ姿勢をとることによって起こる首肩腰の痛み や、胃痛、便秘などの体の不調、さらに進行するとイライラや抑うつといった神経に関わる症状が起こることもあるので注意が必要です。

テクノストレス眼症を予防するには
作業の合間に休息を取りましょう
VDT作業をするときには、1時間おきに10~15分の休憩を取ること。目をつぶったり遠くを見て、酷使した目を休めてあげましょう。VDT作業中は一定の姿勢を続けることが多いので、肩や首を回して緊張をほぐすのも効果的です。
食生活にも気をつけて
目と体を休めるためには、バランスの良い食事を摂ることが大切。視力の低下を防ぐビタミンAや疲労を回復するビタミンB群、免疫力を高めるビタミンCを積極的に摂りましょう。これらのビタミンが多く含まれるうなぎやレバー、さつまいもなどは特にオススメ。
VDT作業環境を改善しよう
仕事などで長時間VDTを使う人は、目に負担がかからない環境を作ることが大切。下記の項目を満たしているかチェックをして、テクノストレス眼症になりにくい環境を作りましょう。

□ 部屋全体が明るく直射日光が当たらない
□ 室内が乾燥しすぎていない
□ 照明や直射日光が画面に反射しない場所にVDTを置いている
□ 椅子に座ったとき、視線が下を向く場所にモニターを置いている
□ 画面と目の距離が50~70cm位に保てる
□ 椅子に座ったとき正しい姿勢が保てる
□ ブラウン管ではなく、画面のちらつきが少ない液晶のモニターを使っている

INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて
toTop