ヘルス&ビューティー

生理痛

どうして生理痛になるの?

「生理痛」は、多くの女性の悩みのひとつ。皆さんも一度は「生理痛でツライ」を味わったことがあるのではないでしょうか?
さて、その生理痛、なぜ起こるかご存知ですか?
子宮内膜は受精卵が着床しやすいベッドのような役割がありますが、妊娠しなければ出血と共にはがれ落ちます(月経)。このとき、子宮内膜や血液中にプロスタグランジンという痛み物質が増加し、子宮筋を収縮させたりするのが生理痛の一因と考えられています。
また若い人の場合、子宮が未成熟で子宮頸部が狭く、月経血がスムーズに流れないことも原因となることもあります。

生理痛と病気の関係

生理痛は、ある程度だれもが経験するものなので、基本的にはあまり神経質になることはありません。しかし、 貧血やめまいを伴ったり、出血量が多かったり、立てなくなるほどのひどい腹痛や腰痛で、日常生活に支障をきたすような場合には、子宮筋腫や子宮内膜症などの病気を疑ってみることも必要です。
ただの生理痛と放置することで、病気の発見が遅くなることもありますので、いつもの生理と違う、生理痛が回を重ねるたびにひどくなるようなときは、早めに婦人科に行って検査をしましょう。

痛みをやわらげるには?

「鎮痛剤は飲まないほうがいいのでは」とがまんする方もいますが、自分にあった薬を容量を守って使用をしていれば問題ありません。
生理痛は「痛くなる」と意識することで、さらに、痛みを増すこともあります。自分にあった薬があるという安心感から、痛みがやわらぐこともあるので、自分にあった薬をひとつ用意しておくのもいいでしょう。

 

みんなに聞いた!生理痛の対処法ありますか?

  • 「冷えるとよりひどくなる気がするので、カイロを背中に貼ります」(22歳 会社員)
  • 「リラックス効果のあるハーブティーを飲んで、なるべく落ち着くようにする」(35歳 主婦)
  • 「軽いストレッチをします」(32歳 主婦)
  • 「意識すると余計に痛いので、なるべく忘れるようにする。鎮痛剤はがまんせずに飲む」(26歳 会社員)

INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて
toTop