ヘルス&ビューティー

性感染症について

(1) 性感染症ってどんな病気?

性感染症(STD)ってなに?

性感染症(STD)とは、主に性行為によって感染する疾患の総称です。
従来は、「梅毒」「淋病」「軟性下疳」「鼠径リンパ肉芽腫」の4疾患を指していましたが、現在ではこれらの4疾患以外にも、性行為に伴う感染症が知られるようになり、その原因も多様化してきています。
クラミジア頸管炎など新しく性感染症の一部として扱われていますが、自覚症状が出にくく、治りにくいのが特徴です。知らないうちに慢性化しているケースも多いので、正しい知識を持っておくことが大切です。

性感染症を予防するには

性感染症は相手がかかっていれば1回の性交渉でも感染する可能性があります。「自分には関係ない」と思っている人も多いようですが、性交渉をする人なら誰にでも起こりうる病気と認識しましょう。
性感染症を予防する一番の方法は、性行為の際にコンドームを使用すること。不特定多数の人と関係をもつと、それだけ感染の可能性も高くなります。

どんな治療をするの?

性感染症の治療は、早期発見、早期治療が原則です。ほとんどの性感染症は、専門医から処方された薬を服用することで治療できるので、症状を感じたら早めに診察を受けましょう。
性感染症は長引けば長引くほど慢性化して治りにくくなります。不妊症や流産の原因になる場合もあるので、「症状が軽いから大丈夫」と安易に考えず、早めに診察を受けましょう。
また、性感染症は性交渉のパートナーも感染していることがほとんど。再発を防ぐためにも、パートナーと一緒に治療することが大切です。

1 2

INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて

1 2
toTop