ヘルス&ビューティー

おりものについて

おりものって何?

おりものは、子宮や腟、外性器からの分泌物が混ざったもの。子宮や卵巣を細菌から守ったり、受精を助ける重要な役割を持つものです。
女性ホルモンの影響を受けて、初潮が始まる頃からはじまり、更年期になるにつれて減少します。成熟期にある20~30代の女性は、多少のおりものがあるのが普通の状態です。
ストレスや体調の影響も受けやすく、特に婦人科系の病気はおりものに症状が表れやすいため、健康状態のバロメーターにもなります。

おりものの周期を知ろう

通常おりものは、透明や淡黄色をしていますが、卵巣から分泌される女性ホルモンの量や種類(卵胞ホルモン・黄体ホルモン)によって、周期的に変化します。
月経の後は、少量の白っぽいおりものが見られ、次第に量が増加。排卵期になるとドロっとしたおりものと一緒に、卵白に似た透明な粘液が出ます。場合によっては血が混ざることも。その後は白色の状態に戻り、量も減少します。
日頃からおりものの量や状態を観察して、自分の周期を知っておくとよいでしょう。

こんなときは婦人科へ

おりものの色や量、においがいつもと違うときには、婦人科系の病気である可能性があります。早めに検診を受けるようにしましょう。

主な症状と可能性のある病気

  • 白いカッテージチーズのような形状で、かゆみがつよい
    カンジダ腟炎
  • 透明や白いおりものに血が混じる
    子宮腟部びらん、ポリ腟炎、子宮頸管ポリープ、子宮がん※など
    (月経と月経の間におこる排卵期出血の場合もあります)
  • 黄色や緑色で泡状のおりものが出る
    トリコモナス腟炎
  • 黄色や緑色でうみ状のおりものが出る
    クラミジア感染症 、子宮頸管炎、淋病
  • 量が多い
    子宮頸部びらん、単純性腟炎
※おりものに血が混じる場合、子宮がんの初期症状の場合もあります。がん検診を受けてください。

どんな検査をするの?

おりものの検査は、主に婦人科で行ないます。腟鏡という器具を腟に入れ、綿棒でおりものを採取。その後培養したり顕微鏡などを用いたりして調べます。
検査前に、シャワーやビデで腟内を洗浄しすぎてしまうと、十分な検査ができなくなるので注意してください。
慣れない検査で違和感があるかもしれませんが、痛みはないのでリラックスして臨みましょう。


INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて
toTop