ヘルス&ビューティー

尿漏れ・尿失禁について

尿もれに悩んでいる人は4人にひとり!?

尿漏れ・失禁について「ハックション」とくしゃみをしたとたん尿がもれてしまったり、トイレに行ったのに間に合わなかったり…こんな経験をしたことありませんか?
尿もれや尿失禁を経験したことがある成人女性は、実に4人に1人ともいわれています。女性は尿道が短く、出産などで骨盤底筋のダメージを受けやすいため、尿失禁をおこしやすいといわれています。中高年だけでなく20代、30代の女性にも決して少なくありません。
特に女性に多い症状として、くしゃみなどお腹に力を入れた時に起こる「腹圧性尿失禁」とトイレが間に合わなくなる「切迫性尿失禁」の2つがあります。

骨盤底筋がゆるくなる「腹圧性尿失禁」

膀胱・尿道・子宮・膣など下腹部にある内蔵をささえている<骨盤底筋>という筋肉があります。健康な女性の場合、膀胱や尿道は骨盤底筋にしっかりと固定さ れた状態になっています。しかし、この筋肉が弱まると内蔵が下がり、膀胱や尿道が圧迫され、尿もれを起こしやすくなります。
骨盤底筋が弱くなってしまう原因は、出産のときに骨盤底筋の収縮力が弱まってしまったり、便秘気味の人が毎日いきむことで、骨盤底筋が伸びてしまうなど様々です。
産後や敬称の腹圧性尿失禁の場合、この筋肉を鍛えることでかなり解消できますので、自分でできるトレーニングを日々の生活に取り入れてみてください。

自分でできるトレーニング

仰向けの姿勢で

  1. 仰向けに寝て、足を肩幅に開く
  2. ひざを少し立て、身体の力を抜き、肛門と膣を締め、締めたままゆっくり「1、2、3…」と5つ数えます。

途中で力が抜けてしまったら、また締めなおします。布団の中で行えるので、ぜひ毎日続けてください。

机にもたれた姿勢で

  1. 机のそばに立ち、足を肩幅に開く
  2. 手も肩幅に広げ、机につく
  3. そのまま、体重を全部腕にのせる。背中はまっすぐに伸ばして、頭を上げて前を見る
  4. 肩とお腹の力を抜いて、肛門と膣を締める

台所のシンクやテーブルを使って、家事の合間にやってみましょう。

間に合わない!「切迫性尿失禁」

突然はげしい尿意を感じてトイレにいっても間に合わないような切迫性尿失禁は、膀胱や尿道の働きになんらかの原因があることがあります。主に脳出血や脳梗 塞の後遺症、膀胱炎などで膀胱が過敏になっておこったりします。しかし膀胱に明らかな異常のない切迫性尿失禁もあります。治療法は原因によって異なります が、膀胱に異常のない切迫性尿失禁は基本的に薬によって治療します。
また、その他にも尿もれには様々なタイプがあります。たとえば腹圧性尿失禁と切迫性尿失禁と混合して生じる「混合型尿失禁」や、尿意がないのにもれてしま う「反射性尿失禁」や「溢流性尿失禁」などがあります。気になっている方、恥ずかしいとそのままにせず、一度泌尿器科か婦人科に相談してみましょう。


INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて
toTop