ヘルス&ビューティー

夏肌

(1) 紫外線はどこまで悪モノ?

日焼けのデメリットはいったいナニ?

かつて、日焼けした肌は健康のシンボルでしたが、現在では「紫外線は肌の大敵」です。年々進むオゾン層の破壊により、地表に届く紫外線の量も年々増加し、深刻な問題として世界中で紫外線対策の必要性が注目されています。
紫外線量のピークは5月~9月(10時~14時)。 「紫外線は真夏だけのもの」と甘く見ないで、真夏を迎える前から本格的な紫外線対策をしましょう。
紫外線にはUVA、UVB、UVCの3種類があり、UVAとUVBが私たちの肌に影響を及ぼします。

「UVA」真皮まで届いて肌を傷つける

波長が長く真皮にまで届き、その結果皮膚を赤くせずに黒くします。
また、真皮層の肌のハリやツヤを保つ役割をするコラーゲンやエラスチンを傷つけるため、シワやたるみなど肌の老化を早めます。さらに、肌の奥深くで活性酸素(フリーラジカル)を発生させて、肌の老化を促進させ皮膚の細胞膜やDNAを傷つけて、あとで作られる細胞にまで異常をきたします。このため、細胞の遺伝子がうまく伝わらず、皮膚がんの原因になることもあるのです。

「UVB」肌の表面にトラブルを招く

波長が短く皮膚の表皮までしか届きませんが、一時的な日焼けで皮膚が赤くなったり、水ぶくれができたりします。皮膚の細胞が傷つけられて炎症を起こすので、ヤケドと同じような症状が出ます。

太陽の日ざしには、こんなメリットも!

日に当たることによって、カルシウムの吸収が促進されるので、骨を強くし、骨粗しょう症を防ぎます。
また、太陽を浴びると、体内時計が調整されます。体のサイクルが整うことで、夜には快適な睡眠が得られたり、精神的にもよい作用があります。

1 2 3 4
toTop