ヘルス&ビューティー

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群はストレス性「便通異常」

過敏性腸症候群とは、ストレスが原因で下痢や便秘を繰り返す、便通異常の症状です。
通勤途中に何度もトイレに行きたくなってしまう。仕事が大詰めを迎えると便秘や腹痛に悩まされる。このような症状があったら、過敏性腸症候群かもしれません。
検査で発見できるような腸の異常はありませんが、近年、目立って増加傾向にある病気です。

症状は主に下痢と便秘

過敏性腸症候群は主に下痢、便秘、下痢便秘交代型の3種類があります。
その他にガス型といってガスでおなかがはる、おならがよく出る、などの症状が出ることもあります。

下痢型
腹痛を伴う下痢が1日に何回も続きます。「これから先、トイレがない」と思ったりするだけで激しい便意に襲われるなど、ちょっとした緊張で誘発されます。下痢があっても体重低下や血便などはありません。
原因は、ストレスで自律神経(副交感神経)が緊張し、腸の動きが異常に亢進するためと考えられています。
便秘型
便意はあってもまったく便通がなく、あってもウサギのフンのようなコロコロとした便だったり粘液状の便が少量出るだけで、残便感が残るような症状が数日にわたり続きます。
ストレスにより交感神経が刺激され腸がけいれんし、便通が滞るのが原因です。
下痢便秘交代型
上記のような下痢と便秘の状態を交互に繰り返すタイプです。
原因は主にストレス。その悪循環を断ち切ろう!

この病気は精神的・身体的ストレスが原因です。
水分・食物繊維をとるよう心がけ、暴飲暴食、刺激物の摂取を控える、睡眠時間を確保するなど、生活習慣を改善するのは自分でできる治療の第一歩です。ストレスをやわらげる自律訓練法も有効な治療法です。
問題なのは、一度下痢や便秘を経験すると、同じストレスに遭遇したとき「またおなかが痛くなるかも?」と緊張し、再び症状がぶりかえしてしまう「ストレス の悪循環」です。これが続くと、外出や乗り物に乗ることが恐くなったり、日常生活にもさまざまな支障が出てきてしまうこともあります。また、人によっては うつ状態へ進んでしまうことも。
ストレスの原因は簡単に取り除けませんが、医師に相談することが、不安解消に役立つかもしれません。

他の病気の可能性も

腸炎やポリープ、胃やすい臓の異常で同じ症状が出ることもあります。
気になる場合は独断を避けて、検査を受けてください。


INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて
toTop