ヘルス&ビューティー

貧血について

(1) 貧血ってどんな病気?

貧血とは、血液の成分である赤血球や、その中に含まれているヘモグロビンの量が減少した状態のこと。
ヘモグロビンは全身に酸素や栄養素を運ぶ働きをするため、貧血になると、めまい・立ちくらみ・動悸・息切れなどの症状が現れます。
さまざまな原因で起こりますが、7割近くが鉄欠乏性によるもの。男性よりも女性に多くみられます。

種類によって違う!貧血の症状
鉄欠乏性貧血
ヘモグロビンの主成分である鉄分不足による貧血。月経による出血で鉄が不足しがちな女性に多くみられます。無理なダイエットによる栄養不足も原因の一つ。鉄分は胎児や胎盤に欠かせない栄養素なので、妊娠中の女性もなりやすい病気です。
主な症状・・・鉄欠乏性貧血になると、めまい・立ちくらみ・動悸・息切れなどの症状が現れます。
浴血性貧血
赤血球が壊れやすい病気で、生まれつきの場合とそうでない場合があります。
主な症状・・・めまい・立ちくらみ・動悸・息切れといった一般的な症状の他に、黄疸が現れます。
悪性貧血
ビタミンB12の欠乏による貧血のこと。B12の摂取量が少ないこともありますが、胃壁の細胞の萎縮によって、B12が吸収できない場合もあります。
主な症状・・・一般的な貧血の症状の他に、舌炎・神経症状が起こります。
再生不良性貧血
骨髄の中で脂肪が増え、赤血球・白血球・血小板が作られなくなってしまう病気。厚生労働省の特定疾患(難病)に指定されています。
主な症状・・・他の貧血のように自覚症状は少なく、感染症にかかりやすくなったり、出血症状が見られます。
二次性貧血
他の病気が原因で起こる貧血のこと。腎臓病や肝臓病、甲状腺の病気、関節リウマチ、婦人科の病気、急性白血病、胃腸のがんなどが原因となり、一般的な貧血の症状を引き起こします。
1 2

INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて

1 2
toTop