ヘルス&ビューティー

肌あれ

肌あれはなぜ起こるの?

乾燥したり、赤くはれたり、痒くなったり、吹き出物ができたり…肌あれの症状は様々。共通していえるのは、肌の新陳代謝が悪くなり肌サイクルに乱れが生じ ているということ。健康な肌は約28日周期で生まれ変わりますが、肌の新陳代謝が悪くなると、はがれ落ちるべき皮膚の角片が残ったままとなり、保水力が低 下したままゴワゴワとした角化が進行するため、肌のバリア機能が低下して外部からの刺激を受けやすくなり、肌あれの症状を引き起こしやすくなります。

肌あれの原因を見極めよう

肌あれになってしまったら、少しでも早く正しい肌サイクルを取り戻すことが大切。症状にあわせて体の内外からケアしましょう。角質の保湿だけでなく、時に はビタミン剤、抗アレルギー薬、抗炎症剤、抗生剤の内服や外用が有効となります。また、ストレスや生活習慣の乱れも肌の新陳代謝を悪くするので、原因を見 極め改善することも大切です。

肌あれの原因となる要因

食生活の乱れ
肌の新陳代謝を助けてくれる食品は野菜や果物、魚、豆類など。ダイエットなどで栄養がかたよると肌あれの原因になります。
ストレス
ストレスがたまると、ホルモンの分泌バランスが崩れ、肌の皮脂膜が脆弱化するためバリア機能が低下した状態になります。アロマテラピーや音楽、スポーツ、入浴、少量のアルコールなど、自分にあった方法を見つけ、ストレスを解消しましょう。
睡眠不足
睡眠不足は肌が生まれ変わるサイクルを乱す原因に。肌が再生する夜10時から深夜3時までは、しっかり睡眠をとりましょう。
血行不良
血行が悪いと肌の新陳代謝も低下します。新陳代謝を活発にする、入浴やスポーツ、マッサージなどを取り入れてみてください。
ホルモンバランスの乱れ
ホルモンバランスの乱れも肌の新陳代謝を悪くします。下垂体疾患、甲状腺疾患、子宮筋腫、子宮内膜症、ストレスが原因となる場合は、専門医の治療が必要です。

INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて
toTop