ヘルス&ビューティー

過換気症候群(過呼吸症候群)

過換気症候群はこんな病気

不安感や精神的なショックなどのストレス、それに疲労など、困難な状況に直面したときに呼吸が深く速くなり(過 呼吸)、それにもかかわらず「息がうまく吸えない」「空気が入ってこない」など呼吸が苦しくなる感じにおちいり、心身にさまざまな症状を招くのが過換気症 候群です。「過呼吸症候群」とも呼ばれており、パニック障害の一つに分類されます。

過呼吸はどうして起こる?

過換気症候群では、ストレスが呼吸中枢に作用して発作的に激しい胸式呼吸を起こします。過剰な呼吸は血液中の酸素量を増やす一方、二酸化炭素の減少を招く ので、呼吸は充分足りているのに「息がうまく吸えない」と感じて、さらに過呼吸になる、という悪循環におちいります。発作は、30分から1時間くらい続き ます。

過呼吸が招く症状

過呼吸が続くと血中の酸素量が増えて二酸化炭素が減るために血液がアルカリ性に傾き、激しい呼吸困難、動悸、手足や唇周辺のしびれ・震え、全身けいれん、脱力感、頭痛、発汗、意識混濁、失神などを起こします。
「このまま死んでしまうのではないか」という、強い不安感に襲われることもあります。

発作のときの対処法

ゆっくりした呼吸を心がけます。吸ってから一度息を止め、ゆっくり深く吐き出しまた吸う、と意識します。
紙袋やビニール袋で口を覆い呼吸して血中のガスバランスを中和する方法(ペーパーバッグ呼吸法)もありますが、かえってパニック症状を招くこともあるの で、まずは口を閉じて鼻だけで息をする感じの「ゆっくり呼吸」を試してください。最初の10~15分やりすごすと、楽になってきます。

発作を起こさないためにできる治療は?

過換気症候群になりやすい人は、神経症的な依存心の強い20代の女性、と言われます。体質も関与しているようです。同じ状況でまた発作を繰り返すのではな いかという不安感「予期不安」が発作の原因となるケースも多くあります。しかし、死に至る病気ではないので、発作のきっかけとなるストレス要因を見極めて 取り除くことが有効です。薬による治療で改善することも。
一人で抱え込まず、心療内科や呼吸器内科、精神科で相談してください。


INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて
toTop