ヘルス&ビューティー

自律神経失調症

(1) 自律神経失調症の症状と原因

自律神経失調症は、ストレスなどが原因で自律神経の機能が低下し、倦怠感、不眠、頭痛、動悸、めまい、下痢、便秘、多汗、のぼせなど、体のあちこちが不調になる症状です。
検査しても内臓等に異常が見られない場合、自律神経失調症と診断されます。

症状はさまざま

自律神経失調症の症状は実にさまざまです。症状の一部として、以下のようなものがあります。

頭痛、めまい、口の渇き、疲れ目、耳鳴り、のどのつかえ
食欲がない、吐き気、腹部膨満感、下痢、便秘、
冷え性、多汗、のぼせ、手足のしびれ、肩こり、じんましん、頻尿、生理不順
動悸、立ちくらみ、胸が苦しい、息苦しい
倦怠感、不眠、不安、イライラ、落ち込み、 集中力・注意力の低下、やる気が出ない …など
 
そもそも「自律神経」とは?

人間の神経には、言葉を話す、食べる、歩くなど、自分の意思でコントロールできる「体性神経系」と、体温を保つ、心臓を動かす、消化するなど、自分の意思とは無関係に体自身がコントロールしている「自律神経系」があります。
自律神経は人間を生存させるために体全体にはりめぐらされ、あらゆる器官をコントロールしています。そのため、自律神経のバランスが崩れると、体中でさまざまな不調が現れてくるわけです。

緊張とリラックスのバランス

自律神経には、「交感神経」「副交感神経」があります。
「交感神経」は、体を緊張、興奮状態にします。瞳孔は開き、血管は収縮し、動悸が早くなります。
一方「副交感神経」は、休む神経です。胃液、唾液の分泌が高まり、血管が拡張して手足は温かくなります。
「交感神経」は朝目覚めると働き始め、夕方頃から「副交感神経」がとって代わり、夜をリラックスして過ごせるように導きます。人間の体は「交感神経」と「副交感神経」双方の働きでバランスをとり健康を保っているのです。
ところが、ストレスや生活リズムの乱れなどで「交感神経」と「副交感神経」の入れ替わりがスムーズにいかないと、いつまでも過剰な緊張状態が続いたり、逆に倦怠感でやる気が出なかったりするようになってしまいます。このような症状が慢性化し、自律神経失調症を招きます。

自律神経を乱す原因

自律神経失調症は症状もさまざまであるように、その原因もさまざま。あらゆる外的刺激(=ストレス)が自律神経のバランスを崩す原因となり得ます。

精神的原因
人間関係、仕事の悩み、恐怖、イライラ
身体的原因
痛み、病気、栄養失調、睡眠不足、過労、体のゆがみ、出産、閉経
社会的原因
長時間労働(残業)、異動、昇進、パワーハラスメント、将来への不安、キャリアの問題
人生の変化
親しい人の死、引越し、転職、結婚
環境的原因
暑さ、寒さ、騒音など

特に夜型の生活は副交感神経の活動を妨げ、自律神経を乱す大きな原因となります。
また、自律神経とホルモンは脳内の近い場所でコントロールされているため、ホルモンが乱れると自律神経も乱れやすくなります。ホルモンが乱れる閉経時に現れる更年期障害も、自律神経失調症の一つと捉えられています。

1 2

INDEX

生理について
生活習慣
こころについて
からだについて

1 2
toTop