ヘルス&ビューティー

日焼け後の美肌を保つ

日焼け後の美肌を保つ、先手必勝スキンケア法

sunburnジメジメとした梅雨が明けるといよいよ夏本番!これからの季節は海水浴、キャンプ、花火大会など楽しいイベントが目白押しです。最近は紫外線の悪影響が知られるようになって、UVケアして外出するのは常識となりましたが、思っていたより日差しが強くて日に焼けてしまった…という経験は誰しもあるのではないでしょうか?そこで今回は、屋外での楽しい1日を終えた後のリラックスタイムに是非行ってほしいスキンケア方法をお伝えします。

日焼けした後の肌はどうなっているの?

日中にあびてしまった紫外線の影響で、とてもデリケートな状態です。お肌がひりひりしたり、赤くなっている間は、軽いやけどと同じ状態!そして意外と知られていないのですが、日焼け後のお肌はかなり乾燥しています。

まずは日焼け止めやファンデーションを優しくオフ

クレンジングや洗顔はいつも以上にゆっくり優しく。決してこすらないように気をつけましょう。洗顔料は良く泡立てて、その泡をお肌に転がすように洗います。

次はほてった肌をクールダウン!

日焼けをして肌がほてっていたら、まずは肌をよく冷やしましょう。氷水で絞ったタオルや冷蔵庫で冷やしたタオルを顔にのせてクールダウンをします。

たっぷりの化粧水でしっかり水分補給

続 いて化粧水をたっぷり使い、水分を十分に与えましょう。コットンにたっぷりの化粧水を染み込ませ、顔全体に優しくなじませます。コットンを面積の広い頬や 額などにおき、冷パックをするのもおすすめです。あらかじめ、化粧水を冷蔵庫に入れて冷やしておくとクールダウン効果が高まりますよ。また、日焼け後のデ リケートなお肌には、刺激の少ないマイルドな化粧水を使うようにしましょう。

水分が逃げないようにフタを!

化粧水で水分を十分に補ったら、乳液や美容液を使ってお肌にフタをしましょう。たっぷりの化粧水をお肌に与えても、乳液や美容液での「フタ」がないとどんどん蒸発してしまい、乾燥状態に逆戻りしてしまうのです。

その日のダメージはその日のうちに

日焼けをしたなぁ、と感じた日には、その日のうちに必ず正しいケアをしましょう。この小さな積み重ねが、後に出てこようとしているシミやしわをブロックしてくれるのです。「美は一日にして成らず」このことを頭の隅っこにとどめて、日々のケアを怠らないようにしましょう!

toTop