ヘルス&ビューティー

秋の紫外線対策

秋には秋の紫外線対策を!

秋といえば楽しい行楽シーズンですね!お肌に触れる風は秋らしく心地よいものに変わっても、まだまだ紫外線には注意しなければいけません。レジャー先での正しい紫外線対策をマスターし、美しいお肌を保ちましょう。

秋の紫外線対策はなぜ必要?

厳しい暑さがやわらいだとはいえ、秋口はまだまだ紫外線が強い時期。夏の疲れが肌に出やすいうえに、UVケアを怠ると、肌あれなどのトラブルを引き起こすことも。乾燥しやすい冬を元気な肌で過ごすために、もう一度紫外線対策についておさらいしておきましょう。

紫外線対策の基礎知識 >>

夏の疲れで肌が敏感になっているときに

夏の疲れで肌が敏感になり、かぶれや痒みが気になるときには、赤ちゃんや小さい子供用の日焼け止め乳液などを上手に利用するのも一つの方法です。
また、日焼け止めには、紫外線散乱剤と紫外線吸収剤の二種類があります。散乱剤は紫外線をはね返す物理的な反応を利用したものです。いっぽう吸収剤は紫外線をいったん吸収し、それを熱エネルギーに変えて放出するもの。科学的な反応を利用しているので、人によっては肌あれを引き起こすこともあります。吸収剤が肌に合わないときには、散乱剤を使ってみてはいかがでしょうか。

行楽地での紫外線対策

日焼け止めは汗をかいたり、時間が経ったらこまめに塗り直すことが大切。運動会やハイキングなどで体を動かすときには、日焼け止めを持参していきましょう。
日焼け止めを塗り直すタイミングはファンデーションが崩れたとき。メイク直しの要領で崩れたメイクを落とし、日焼け止めとファンデーションを塗り直します。こまめに塗り直すことができないときには、日傘や帽子を用意しておくと安心ですね。

toTop