ヘルス&ビューティー

洗顔は泡が命

洗顔の命は泡!

石けんでもクリーム系洗顔料でも、とにかく泡をたっぷりたてるのが洗顔の必須項目。てのひらと肌の間に泡をはさむことで、肌への摩擦刺激を和らげることが目的です。 みなさんの中にも、洗顔料をすぐ顔にのせてしまうとうい方があるのでは? これでは泡立てがまったく足りません。洗顔は泡が命! なのです。

いい泡とは?
●泡立ての目安。石けんの泡を顔につけてからそこにお湯を加えた時、さらに泡が増えるようなら、それは泡立てが不十分だった証拠。

●泡を十分に立てると、フカフカの泡がほっこり顔を包みこみ、手を押し返すような弾力を感じます。これは、本当にたっぷり泡立てた時にしか実感できないもの。

●では、どのくらい泡立てればいい? 試しに30回、手をこすり合わせて泡立ててみましょう。けっこう手間がかかるはず。でもその泡で顔を洗うと、いままでにない気持ちよさに気づくはず。すすぎのときの泡切れの速さも見違えるほどです。
さて、いい泡立てのポイントは3つだけ
  • まず始めに手をよく洗う。手が汚れていると、泡立ちが悪くなります。
  • 洗顔料は適量をとります。少なすぎるのもNGですが、逆に多すぎても泡を立てるのが大変で、充分に泡立てないまま顔にのせてしまうことになります。
  •  水を少しずつ足しながら、泡を立てます。空気を含ませるようにして、最低30回。

 

その泡を肌の上で転がすようにするだけで、汚れがスーッと洗い流されます。

さてさて、こんなに面倒な泡立てですが、実は最近『泡立てネット』というとっても便利な商品が出ています。そのネットを使うと、見事な泡がブクブクできます。「なぜ泡が大切か。」それがわかっているのなら、便利アイテムを活用するのはまったく問題なし! 泡立てネットを使いこなすコツは、できた泡を手の中で少し温めてから洗顔すること。泡が冷たいままだと、汚れなじみが悪いのです。

文・すぎの久美
toTop