ヘルス&ビューティー

化粧水:使い方ひと工夫

化粧水:デイリーケアの秘けつ 基本編

●え、こんなに使うの?って思うほどたっぷり使ってみて。

通常、私たちが使う化粧水の量は少なすぎる、と、ほとんどの専門家が指摘しています。量をたっぷりと、あるいはくり返しなじませる。そうすると、化粧水がぐんぐん浸透していきます。化粧水だけでこんなに柔らかくうるおうの? そんな感動があります。

●手でつけるか、コットンでつけるか。どちらもOK、お好み次第。

どちらにしても、量をたっぷりめに使うのがポイントです。そして目のキワや耳の周り、首すじなど、ついうっかり塗り忘れやすい部分をきちんと、うるおわせるのも秘けつの一つ

コットンと手のひら、どうちがうの?>>

●洗顔後、すぐに化粧水を!

洗顔したら、肌が乾く時間をつくらない。それが美肌を守る奥の手です。美容液やクリームはさておき、とにかく化粧水だけは洗顔後に、速攻で使いましょう。スプレーローションをサーッと吹きかけておくだけでもOKです。

コットンと手のひら、どうちがうの?

コットンの場合
  • コットンは化粧水の含みがよく、たっぷり浸透させる実感が高いのが特長です。また、パタパタと肌を軽くたたくパッティングケアも、コットンの方が簡単。
    ふきとり使用のときも不可欠です。目のわきや耳の後など、手ではなじませにくいところも難なくOK。シートパックのかわりに使うテクニックも、コットンならでは。
  •  コットンの場合、強くこすったり、含ませた化粧水が少ないと、肌に細かいキズがつくので要注意。肌あれの原因になります。コットンの裏に化粧水がしみるまで、たっぷりと含ませることが大切です。
手のひらの場合
  • 手のぬくもりで、化粧水の浸透力がアップ。とくに手のひらを密着させながらプレスすると、ますます肌への浸透感が高まります。コットンとちがい、肌に細かいキズがつくこともなく安心。そして何より手間のかからない点がポイントです。
  • 目のわきや小鼻のわき、そして顔の輪郭部分から耳の後など、細かい部分になじませるのを忘れがち。指先を使い、あるいは重ねづけを繰り返し、顔全体のすみずみに化粧水を十分にいきわたらせるよう気をつけましょう。
文・すぎの久美

1 2 3
toTop