ヘルス&ビューティー

化粧水:ベスト1の選び方

肌に最適な1本は?化粧水の選び方。

いま、化粧水にはたくさんの種類があり、どれを選んでいいのか迷ってしまいます。じつは率直に言って、化粧水って「肌が気持ちいい」と感じる好みを優先して正解。ただし、それが本当に一番気持ちいい1本かどうか、そこが問題なのです。試供品などでできるだけ数多くの化粧水を試し、肌が本当によろこぶ1本を探し出しましょう!

こんなにある化粧水、種類を知って参考に。
大きく分けて、化粧水の機能は以下のような分類になります。
●もっと、みずみずしく・・・柔軟化粧水

水分と、その水分を肌にしっかりとどめておく保湿剤をブレンド。角質層にみずみずしいうるおいを補給してさらにキープする、とてもベーシックなタイプです。

●肌が脂っぽくなったら・・・収れん化粧水

爽やかな使用感で肌を引き締め、余分な皮脂分泌を抑制します。日中の化粧くずれを防ぐ効果も。アストリンゼントやトーニング、あるいはオイルコントロールの名称に。

●汚れが気になったら・・・ふき取り化粧水

清浄タイプ、クレンジングタイプと呼ばれるものは、皮脂やメイクの油分系の汚れを軽く落とす効果に。最近はほかに、余分な角質をふき取るための新タイプも登場。こちらはAHA成分など、角質のつなぎ目をゆるめる特殊成分が配合されています。

●しっとり感がほしいなら・・・エマルジョン型化粧水

見た目は透明、もしくは半透明のローション。最新技術によって油系成分をキメ細かく分散配合し、感触は化粧水なのに内容は乳液にとても近くなります。油分が含まれることで、普通の化粧水よりもしっとり度や肌への柔軟効果がアップ。

●日焼けやほてりに・・・カーマインローション

パウダーが下に沈んでいるタイプ。使う前によく振りまぜます。パウダーの役割は、日焼けによるほてりや皮脂の分泌を抑える効果など。比較的さっぱりとした感触が特長です。

●機能性を優先するなら・・・肌効果別ローション

ニキビ肌用や美白用、敏感肌用、くすみ解消、シワ対策、そしてたるみ防止などなど。どれも基本的にはうるおい補給がベース。さらに配合成分のバリエーションによって、それぞれの効果を際立たせています。

☆うるおい補給するときの注意!

化粧水選びで、ひとつだけ注意点が。ふき取り化粧水や収れんタイプは、説明書をよく見ること! うるおい補給機能がほとんどないことがあるからです。それを知らずに洗顔後これ1本ですませていると、肌はガビガビ、乾燥状態に。化粧水はすべてうるおう、という勘違いには気をつけましょう。

文・すぎの久美
toTop